大満足の注文住宅を相模原に建てるための情報集

HOME » 注文住宅の基礎知識 

注文住宅の基礎知識 

ここでは、注文住宅を建てる際に必要な基礎知識をまとめています。

注文住宅とは?

「注文住宅」とは、建築士やハウスメーカーに依頼して設計やデザインをしてもらい、その後施工会社に建築を依頼して建てられる住宅のことです。

設計・デザインから建築までを一貫して一つの会社に依頼することも可能です。 建売住宅は購入価格が決まっていて明瞭である反面、間取りや設備が変更できない(あらかじめデザインされている)という特徴があります。

しかし注文住宅は、建物の外観から内部の間取り、設備仕様までをこちらの注文通りにデザインしてもらえるので、理想に合った住宅が手に入ります。 コスト面に関しては、不必要な部分を除いてコストカットすることもできるので、必ずしも割高になるというわけではありません。土地代が安ければ、その分を建物のデザインや設備仕様などにかけることも可能です。

注文住宅を建てる際のポイント

注文住宅を建てる際には、あらかじめ建築士などとよく話し合って、できあがりのイメージを組み立てていくことが大切です。建売住宅のようにすべてが決まっている住宅とは異なるので、仕上がりによっては「イメージと違った」というケースも発生します。

また、土地を探してから注文住宅を建てる場合には、契約上の問題や費用の支払いなどが複雑化する可能性があるため、時間や予算に余裕をみておく必要があります。 家づくりはそれぞれの土地の立地条件や広さ、周辺環境や法律上の問題などにより、さまざまな制約が課せられる場合があります。

建築士やハウスメーカーと相談しながら、希望のデザインを決めていきましょう。 予算については、設備仕様やデザインなどを追加することによって、当初の予算よりもコストがかさんでしまう恐れがあります。より良いものを追求すると、意外に予算がかさむことにも注意が必要です。

注文住宅を建てる際には、施工実績を確認のうえ、カビやサビなどが発生しないように注意しておく必要もあります。デザインや外観には問題がなくても、住んでから初めてトラブルが確認されるケースもあるため要注意です。 住みやすい家を建てるためにはデザインや設備だけでなく、断熱材などの素材にもこだわりを持ち、通気性や日当たりの良さなども考慮しなくてはなりません。

表面的には新築でも、老朽化が早い住宅にならないよう、持ちの良い家づくりを目指したいところです。

 
【免責事項】
「相模原で建てる注文住宅おすすめ工務店ナビ」は、2013年6月時点の調査をもとに制作しております。
掲載されている施工事例の引用元、および、記事をまとめるために参照した情報は削除される可能性があることを予めご了承ください。
新しい情報は、必ず各工務店・ハウスメーカーまでお問い合わせください。