大満足の注文住宅を相模原に建てるための情報集

HOME » 神奈川の注文住宅建設にかかる費用の話 » 建築費を節約するには

建築費を節約するには

賢い予算配分で建設費用を削減!
神奈川での注文住宅づくりで知っておきたいコストの仕組みを紹介します。

工事費用の内訳を知って神奈川の注文住宅づくりに活かす

注文住宅の建設予算を検討する際、坪単価×建坪で考えていては、はっきりいって建設費の節約などできません!

木造住宅の場合、木工事と仕上げ工事の占める割合が大きく、賢くコストダウンするなら、この2項目を見直すのが正解です。例えば、本体工事費が2500万円の木造住宅とした場合、以下が内訳の目安となります。

  • 仮説・基礎工事/150万円~175万円(6~7%)
  • 木工事/750万円~875万円(30~35%)
  • 仕上げ工事/525万円~1025万円(21~41%)
  • 設備工事/450万円~575万円(18~23%)

このように、本体工事にかかる費用がどのような内訳になっているかを理解しておけば、削れないところと削れるところを見極めやすくなるでしょう。

注文住宅の建設費用を節約するための10ポイント

建設費用を節約するために、施主が具体的に検討すべき10のポイントを、以下に紹介します。

これらをきちんと実践すれば、建設費用全体の約10%、上記の2500万円の注文住宅なら250万円前後のコストダウンも夢ではありません。

  1. 地盤改良費用がかさまないようにしっかりした土地を選ぶ
  2. 建物はシンプルな構造にして屋根や出窓などで複雑な形にしない
  3. 間取りは部屋数を増やすよりも間仕切りなどで工夫する
  4. 木製建具は既製品を採用する
  5. 引き戸よりも安価な開き戸を採用する
  6. 外装材は工期短縮になる乾式工法にする
  7. 内装仕上げや床材は用途に応じてメリハリをつける
  8. カウンターや出窓などは塗装済みの既製品を採用する
  9. 水周りや電気などの設備はできるだけ集中させる
  10. 設備機器は必要なもの及び機能で絞り込む

注文住宅の費用を業者と相談する際の注意点

注文住宅にかかる費用は、希望と予算とのバランスを考えて、施主目線での提案をしてくれる業者選びがとても重要になります。

注文住宅を依頼する時、多くのヒトは自分たちのこだわりや夢を実現したいという想いから、見積もりも膨らみがち。しかし、現実的には予算の上限があり、引き渡した後のメンテナンスや家具などの購入を考えれば、建設費用もできるだけ節約すべきです。一般的に、大手ハウスメーカーに注文住宅を依頼すると、独自スタイルの家を提案され、細かくコストダウンの調整をしてもらうのは容易ではありません。

その点、地元密着型の工務店で長年の実績がある企業なら、資金面でも柔軟に対応してくれると想います。例えば、相模原エリアで創業50年の歴史を持つ石田工務店の場合、国産無垢材など素材にこだわりながら1000万円台から注文住宅に対応しています。

この石田工務店の特徴などは、おすすめ工務店ランキングのページでご覧ください。